スターバックスではお会計の小銭受けを毎回差し出す

ということに今日気付いた。あくまで、僕が知っている店舗での話。

なぜいつも、あの小銭受けは、後ろに控えているのだろう。そしてこちら出てくるのだろう。タイミングの問題だろうか。と意識の20%ぐらいでは思っていたのだが、今日気づいた。

この小銭受けは、毎回下げては、前に差し出す、という往復運動をあえて繰り返しているのだ。

置きっぱなしじゃない。そんなだらしない話じゃない。いちど片付けては、改めてこちらに差し出す。これは新しいものですよということを指し示す、いわば儀式だ。

当たっているかもしれないし、外れているかもしれない。

 

スクリーンショット 2018-06-25 18.58.18.png

スターバックスの紙ナプキンを分断してホコリを拭うこの気持ち

スターバックスブランドを分解してから、照明のホコリを拭う。この微妙な気持ちが分かるだろうか。これがブランドに対する愛着なのだろうか。なるべくスターバックスと名のついたもので、汚いものを拭いたくない。お客がブランドロゴに愛着を持つというのはごく自然なことだ。むしろ、そうではなくてはブランド商売は成り立たない。

ところで今日もスターバックスMeRISE店二階の照明や、ちょっとしたところがホコリで汚れている。嫌だな。抹茶のティーラテは美味しいのに。美女の肌が汚れているみたいな感じ。確かにクラスで一番可愛いけど、ちょっと鼻毛が出てるみたいな感じだ。

そんなことを考えていると、ツタヤブックスの店員さんが掃除用のタオルを持って歩いているところを見た。「それを貸して欲しい」とお願いしようかと思ったが、タイミングを失う。たとえタイミングが合っていたとしても、当たり前だが、話しかけるのにはためらっただろう。

「掃除のフローに圧倒的に抜けている部分がある」と。僕は毎日ホコリを見て、嫌だなあと感じているということを伝えたかった。だけど伝えられなかった。チャンスを逃した。ワールドカップは調子が良い。あとは引き分け以上で勝ちだ。

これはもう、自分の力でどうにかするしかないのかもしれない。そうだ、出来ることなら、朝の1分はスターバックス二階席のために、濡れふきんで掃除をしてあげたい。学生時代、お世話になっている校舎を、放課後に掃除したみたいに。お世話になっているスターバックス教室をこの手で掃除してあげるのだ。

だがしかし。もし毎日、スターバックスの紙ナプキンで大々的に掃除を始めたりしたら、それこそただの変態である。「スターバックス掃除おじさん」などいつか呼ばれることであろう。もっとひどい言葉かもしれない。入店拒否される可能性だってある。ないだろうけれど。

スターバックスのドリンクのクオリティは、作る店員さんによって死ぬほど違う。

薄々気付いてはいたが、改めて。圧倒的なクオリティ差があるのではないかと感じ始めた。

コーヒーだけではない、他のドリンクもだ。抹茶のティーラテをもう30連続で頼んでいる僕なら分かる。今日の抹茶ティーラテは一味違う。

なんというか、淀みない。ティーラテの場所によってムラのない、ほぼ完璧な濃度を保っている。温度も素晴らしい。熱すぎずぬるすぎず、飲み終わる頃まで楽しむことが出来る。思い返せば今日、作ってくれたのは、確かにあのベテラン店員さんだった。

良い抹茶のティーラテもあれば、悪い抹茶のティーラテもある。それでもあいらぶすたーばっくす。良い日もあれば悪い日もあるさ。迷わず行けよ。抹茶は全てを知っている。

スターバックスに反逆ののろしを上げる看板

「長時間のご利用のお客様には、スタッフからお声がけさせていただき、席をお譲りいただく場合がございます」

いつものスターバックスのレジ前に、こんな看板が立つようになった。スターバックスらしくないなと思う。まあ人気だから仕方ないんだろうけれど。

ただひたすらにゆっくりとした空間は奪われ、気ぜわしい場所へと変わっていくのだろうか。変わってしまうのだろうか君は。実際の運用はともかくとして、

この看板一つあるだけでずいぶんと気分が変わる。「ゆっくりしてはいけない空間です」と明示されているも同じなのだから。スターバックスのそもそものコンセプトに反する看板だ。

そうだ。チャージ式にしてくれないだろうか。たとえば自分の場合、毎日スターバックスを訪れて、30分もすれば席を立つ。これを平日に5回繰り返すとして、休日には7時間30分の繰越分が生まれることになる。これを休日で消費していく形式。それをなんとなくふわっとした顔パス的な感じで運用してほしい。常連を特別扱いだと?それも不平等なスターバックス。

 

スクリーンショット 2018-06-25 7.44.27.png

スターバックアプリが言った。「0.0 Stars が2018/05/01に失効しました」

失効という言葉が一瞬目に入るだけでドキッとする。僕が大事に集めてきた星は一体いつの間に、どこに消えたんだろうと。

ところでクレジットカードでもなんでも、こういうポイント系のサービスはたとえ失効したポイントがなくても「0ポイントが失効します」「失効しました」と表示していることが多いような気もする。

「何も失いませんでした」と言って欲しい

「失うものはありませんでした」と、丸。いや、星。

スクリーンショット 2018-06-25 7.41.34.png

スターバックスにいるスターバックスらしくない人

今日も朝早くスターバックスに来た。だが勉強をしたり、ブログを書き続けるエネルギーが湧いてこず、90分程度で家に帰ることにした。あまりにも眠かったから。

僕が二階席右端の席を立つと、すぐに隣の人がそこに移動した。

なんというか、美しい所作ではなかった。非スターバックス的な動きだった。僕が席を立ってから、あまりにも動きが早すぎた。せめて視界に入らないところで席を移動するのが、良い立ち振る舞いだ。

なんというか、電車内での席の争奪戦のような趣が1%ぐらいあった。その匂いを完全に消せていなかった。お互いたお互いを、席を専有しているオブジェクトとしてしか扱わないような、人間が物化されたような、そんな趣。地下鉄電車なら良いかもしれないが、スターバックスには似つかわしくない。そんな判断を勝手に下している。

スターバックスにはなるべくスターバックスにふさわしい人にいてほしい。それは立ち振るまいを美しくするということだ。これはスターバックスに限らずカフェ全般に言えることだけれど。スターバックスの民度を上げていこう。サッカーの日本人ファンが皆、たとえゲームに負けても、ゴミを片付けて帰るという伝説みたいに。スターバックスの国民のマナーを向上させていこう。

 

スターバックスリワードのチケットの使い道を死ぬほど悩んだ

夜も朝もずっと使い道を考えていた。この迷い方は、やや偏執的な領域に達しようとしていた。頭の中でぐるぐるぐるぐると。一刻も早くこの状態から脱出したかった。

スクリーンショット 2018-06-24 7.52.34.png

平凡な日常突如訪れたスターバックスリワード

僕の日常は自分で言うのも何だが、絶妙なバランスの上に成り立っている。成り立たせている。

朝はスターバックスに行き、いつもの抹茶のティーラテショートサイズをシロップ抜きで頼む。いつものスターバックスカードで。そしていつもの席に座る。それが完全にルーティーンになっているのだ。

だがそこに、スターバックスリワードは非日常を、アクセントを持ち込む。スターバックス報酬と名付けられているぐらいだから、何か日常とは変わったものを頼みたい。けれどそれは一体、何が良いのか。

オーダー!「最適な組み合わせで、リワードチケットを使う」

スターバックスリワード。注文できる値段、支払い方法、選択肢、すべてが違ってくる。

リワードチケットでは700円までのドリンクが頼める。だがしかし抹茶のティーラテをヴェンティサイズなんかにしようものなら、完全に朝はカロリーオーバーだ。大きいことが良いとは限らない。サイズが大きすぎて、惜しむように飲み干すことを楽しむことが出来なくなるだろう。それにドリンクの後半は生ぬるく、美味しく感じられなくなる恐れがある。

サイズの大きさはもしかしたら、次の日にも影響を及ぼすかもしれない。いちどヴェンティサイズを頼んでしまうと、飲んだ次の日のショートサイズは、さぞ小さく感じられることだろう。リワードを使うことによって、次の日の満足度を下げてしまわないだろうか。それでは本末転倒だ。

ならばいつもと同じショートサイズの抹茶のティーラテを頼むか。しかしそれもつまらなすぎる気もする。まったくリーワード感が出てこない。なので、いつもとちょっとだけ違った、何か‥。ほんの少しだけ特別感のあることがしたい。スターバックスリワードと一緒に。

ところで支払い方法も、いつものスターバックスカードの提示から、スマホの画面を見せる方式に変わる。これも少しだけ辛い。万が一、使い方が間違っていたらどうしようと思うから。

このような些細なことに至るまで、いつもと違うことをするというのは、刺激でもありストレスにもなる。それが何度も繰り返しているルーティーンであればあるほど、ほんのちょっとした変化でさえも、大きな変化として感じられる。

結論

いつもの抹茶ティーラテショートサイズのシロップ抜きに、デカフェのショットを追加してもらった。

値段的には100円アップで500円程度。上限金額の700円には及ばないが、トールサイズにしようと思うところをぐっと我慢だ。値段の数字の満足よりも、ショートサイズの飲み心地の方を優先する。つまり実質優先。

レジにて

これはもうそうだ。僕が抹茶のティーラテをショートサイズ、シロップ抜きで頼むと、店員さんは「やっぱりこの人、このオーダーだ!」という顔で笑っていたような気がした。

だがしかし、次にデカフェのショット追加を頼むと、包み隠さず、意外そうな顔を浮かべられたような気もしたのだった。

「おや、坊や、あんたそんなオーダーも出来るんだね、見直したよ」

「スターバックスリワード。ははぁ、なるほど。だから今日は特別なオーダーなんですね、お客さん」

そこまで見透かされたような気もした。自意識過剰な話。

「ショートサイズでよろしいですか」とも聞かれたけれど、良いんです。僕にとってはショートサイズがリワードなんです。(どうかその店員さんが星を見つけるような確率でこのブログを見たりしませんように)

スクリーンショット 2018-06-24 7.57.17.png

そしてようやく、たどり着いたリワードの地

どうせ変化のある日ならと、いつもは座らない一階席に座ってみる。だがあまりにも変化量が大きすぎて心が驚いている。落ち着かなくて、すぐにいつもの二階席に移動した。

スクリーンショット 2018-06-24 7.54.44.png

ところでリワードチケットはあと1個残っているのだった

そして3個目のリワードも発行されそうな勢いだ。また大きく頭を悩ませるのだろうか。何に使おう。

けれど大変なのはきっと最初だけだ。2回目、3回目になるにつれて、きっとスターバックスリワードの使い方がうまくなってくるはずさ。心配しないで。ありのままに。

PS

リワードで、スターバックスVIAなどのアイテムも引き換えられると知った時には、あまりにも巨大化した選択肢に圧倒されそうでした。

スクリーンショット 2018-06-24 7.58.23.png

スターバックスカードにロックマンみたいな名前を付ける遊び

私だ。お前だったのか。暇を持て余したスターバックスの神々の遊び。

今は四枚のスターバックスカードを持っている。

そうだ。スターバックスカードにコードネームみたいなものを付けてみよう。ノリでテキトウに。

No1. ボーイ・ミーツ・ガール

メインカードは「すべての始まり」っぽい名前が良い。「ボーイ・ミーツ・ガール」で決まりだ!

2018-06-23 11.06.46

No.2 ファザーマン

父の日のカードなので。

スクリーンショット 2018-06-23 11.05.38.png

No3. オーサカキング

大阪のカードなので。

 

スクリーンショット 2018-06-23 11.05.54.png

No.4 スムーシー

(たぶん)スチームフォームラテが描かれているので。

スクリーンショット 2018-06-23 11.06.10.png

 

安直ですが、なにか問題でも?

黒猫に「クロ」って名付けるみたいに、むしろ名前なんて安直な方が良い。凝りすぎた名前は痛い。英語で気取った名前なんかも付けたくない。僕は英語力が低い。かなり三流で自分でくすっと笑えるぐらいが良い。安直でいいじゃないか。気にせず行けよ。行けば分かるさ。

むしろスターバックスカードに名前をつけている時点で痛い気もするけれど。それはむしろ名前をつけられる仕様にしているスターバックスが悪い。いや、良い。すべてのものには名前がある。名前のないスターバックスカードなんて野良犬と同じだ。

だからスターバックスカードに愛着を。やがては101匹ワンちゃんのレベルまで家族を増やしていこう。そして今日もあいらぶすたば。素晴らしい日々をスターバックスと一緒に。

4まいめのすたーばっくすかーどをてにいれた!

早速オンラインから登録だ。カードネームは今日の日付にしてみた。それとも何か変わった名前を付けるようにしてみようか。マイページにスターバックスカードが増えていくのはささやかな楽しみだ。この趣味は老後まで続けよう。盆栽よりスターバックスカード。

スクリーンショット 2018-06-23 10.57.26.png

ところでスターバックスのWebサイトはかなり使いづらくて、何がどこにあるか分からないし、無駄なインターフェイスも多い。デザインは良いとしてもシステムはかなりレガシーで動いていそう。動的なインターフェイスはほとんど使われていなくて、ぎこちない操作感だ。

最近はスターバックス自体、オンライン登録推しのようなので、もう少し頑張ってほしいところ。

まあスマホアプリに力を入れる感じなのかもしれないけど。「MacBookを広げてスタバでドヤ顔」っていう使い古されたフレーズもあるみたいに、スタバでノートを使う人は多いと思うし。PCユーザーにも優しいインターフェイスになったら良い。

スターバックスMeRISE店の二階が少しずつ古びてきていている

おそらく開店してから1年ほどのスターバックスMeRISE店。とても素晴らしい店なのだが、1年を経て少しずつではあるが設備が古びてきたり、汚くなったりしてきたみたいだ。木のテーブルに傷が行っていたり、1年前はピカピカだったガラスにも、何かの跡がついていたりする。けっこう気になる。

特に僕がよく行く二階席。正確に言うとツタヤブックスのエリアなのだろうか。照明が一見オシャレで綺麗な感じなのだけど、上から見るとかなりのホコリがたまっていて、掃除されていないことが分かる。たぶん掃除のオペレーションに組み込まれてないんじゃないだろうか。誰も気付いていないことが不思議なぐらいだ。

きれいな環境を作るために、自分で拭ってみる。気分悪く過ごすより、僕は気分良く過ごしたい。ただスターバックスのペーパータオルにホコリがつくことさえ悲しい。

ホコリひとつで、素晴らしい場所も、なんだか嫌な場所になってしまう。いつでも綺麗で清潔なままのスターバックスであってほしい。

 

スクリーンショット 2018-06-23 8.54.42.png

お客様アンケート的なものでも出してみようかなと思う。だけどそれすら無粋な気もする。何も言わなくても綺麗なスターバックスであって‥以下略。